No.a6fhc911

作成 1998.1

 

オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件

 

 

●1995年4月19日、「全く新しい次元のテロ事件」が発生した。テキサスの北に位置する「オクラホマシティ連邦政府ビル」が、突然巨大な爆発とともに、真っ二つに切り裂かれてしまったのである。

連邦政府ビルは巨大な鎌に刈り取られたように前半分がざっくり欠け落ち、連邦政府ビルの前の通りには直径10mもの巨大な穴が開き、何台もの車が黒煙をあげて燃え上がった。崩れ去ったビルからは、血だらけの人々が泣きながら次々とさまよい出てきた。何者かが連邦政府ビルの前に巨大な爆弾を仕掛けたのである。

当時、この地上9階建ての連邦政府ビルは、様々な連邦機関のオフィスが同居し、500人以上の職員が通勤していた。2階には託児所があり、1歳から7歳までの子供たちが預けられ、その数は40人にも膨れ上がっていた。このテロによる被害者は、最終的に死者168人、負傷者600人に達した。

 


爆破直後の連邦政府ビル

 

●このテロ事件は犯行声明がなかったこともあり、犯人が誰であるかはすぐには分からなかった。そのため、いろいろな犯人像が想像された。2年前にNYで起こった「ワールド・トレード・センター」の爆破事件の記憶がまだ新しい人間の心には、イスラム教過激派の姿が犯人像として浮かんだ。この事件は、2年前にマンハッタンの中心「ワールド・トレード・センター」の地下駐車場で、イスラム教過激派が仕掛けた爆弾が爆発し、死者6名、負傷者1000名以上を出した大惨事だった。オクラホマシティの連邦政府ビル爆破事件もイスラム教過激派によるしわざにちがいないと多くの人が思った。

しかし、実際に逮捕された人間は、当初予想されたイスラム教過激派ではなかった。アメリカに住む白人青年、ティモシー・マクベイとテリー・ニコルスだったのだ。この逮捕のニュースは全米を震撼させた。

 


ティモシー・マクベイ

 

●その後、ティモシー・マクベイは、ネオナチ組織「アーリアン・ネーションズ」と関係があったことが明らかになった。またマクベイの自宅からはネオナチのバイブル『ターナー日記』も見つかり、彼がこの本を愛読し、この本が爆破事件の指南書になっていたことも明らかになった。実際、『ターナー日記』の中で描かれている爆破事件と、連邦政府ビル爆破事件は、驚くほど相似していた。

一方、テリー・ニコルスは、武装集団「ミシガン・ミリシア」に所属していることが明らかになった。しかし、「ミシガン・ミリシア」は事件の後、爆破事件との関わりを完全否定し、その後の調査でも、爆破事件への関与は発見できなかった。

 


連邦政府ビル爆破事件と『ターナー日記』の類似点

 

●実は、連邦政府ビル爆破事件には伏線となる事件があった。新興宗教団体「ブランチ・デビディアン」が、テキサス州のウェイコで起こした事件である。俗に「ウェイコ事件」といわれるこの事件は、武装して教団本部に立て籠もった信者を、FBlが戦車や装甲車を使って急襲、直後に教団本部内部から炎が上がり、子供を含む86人が死亡するという、極めてショッキングな事件であった。

「ウェイコ事件」が起きたのは、1993年4月19日。その2年後の同じ4月19日に、連邦政府ビル爆破事件が起きている。しかも、連邦政府ビル爆破事件の容疑者マクベイは、「ウェイコ事件」で連邦政府が取った攻撃的な行為に、激しい憎悪を示していたといわれているのだ。

いや、マクベイだけではない。南北戦争後初めて、個人の自由を奪う目的で一般市民に戦車を向けた連邦政府の行為に対して、「憲法違反である」と全米各地のミリシアが激しい抗議の声をあげたのである。


●結局、連邦政府ビル爆破事件は、ティモシー・マクベイの単独犯行ということになってしまった。しかし、果たしてこれだけ周到に計画された大テロ作戦を1人で実行できるであろうか、という意見はいまだに根強い。何か巨大な組織が背後で動いていたと考えるのが自然だろう。(爆弾の専門家であるアメリカ空軍の退役軍人が、現場を検証した結果、爆弾が建物の内部の支柱2ヶ所以上に仕掛けられていたと証言したが、議会において証言する機会は与えられなかった)。

 

 

 


▲このページのTOPへ





 HOMEに戻るINDEXに戻る

Copyright (C) THE HEXAGON. All Rights Reserved.