No.B1F_ap

作成 1998.2

 

アルバート・パイクの“予言”

 

 


アルバート・パイク(1809〜1891年)

「黒い教皇」と呼ばれていた

 


■■
謎の男、アルバート・パイク


弁護士、詩人、多作な作家として活躍していた南部連邦の将軍、アルバート・パイクは、

1857年に秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)にまで登り詰め、「黒い教皇」と呼ばれるようになった。(彼は「KKK」の創始者でもある)。


彼が1871年に、イタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに送った書簡(手紙)には、予言ともいえる恐るべき「未来計画」が書かれていた。

それによると、まず、「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書いてあり、

1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために。3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、いずれ世界の国々もこの戦争に巻き込まれ、それが最終戦争に結びつくだろう」

と書かれていた。

 

 

 

■■アルバート・パイクの“予言”(未来計画)


この手紙の内容をもっと詳細に紹介すると

次のような恐るべき“未来計画”が書かれていたのである。

 

 

第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」

第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」

第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」

 

 

 

■■「予言は当たるものではなく、当てるものだ!」


この手紙が書かれたのは1871年8月15日

この時、まだ第一次世界大戦(1914年勃発)も、第二次世界大戦(1939年勃発)も起こっていなかった。

この手紙の中に書かれている「ドイツの国家主義者」を「ナチス」に、「政治的シオニスト」を「ユダヤ人」に置き換えると、第二次世界大戦の構図をはっきりと捉えていることが分かる。


一番不気味なのは、中東での戦争を引き金にして「第三次世界大戦」の勃発を予想している点であろう。

 


アルバート・パイク

 

もちろん、当館はこのアルバート・パイクの“予言”を、そのまま信じるつもりはない。念のため。

しかし、「予言は当たるものではなく、当てるものだ!」という言葉がある。

もし、そのような考えのもとでイスラエルが中東に(強引に)建国されたのだとしたら恐ろしい話である……(そうでないことを祈りたい)。

 

 
(左)イスラエル(パレスチナ地方)の地図 (右)イスラエルの国旗

ユダヤ人の国イスラエルは、戦後1948年5月に中東に誕生した

 

ちなみに、日本で「サリン事件」を起こした某教団は、

自作自演のハルマゲドンを起こすことで、自分たちの「予言」を実現させようとしたことで知られている。

彼らも「予言は当たるものではなく、当てるものだ!」という考えを持っていたようである……。

 

 

↓様々な「予言」関連本(最新情報を自動表示)




【HOMEに戻る】